愛犬と恋人の二重奏。

愛犬と恋人の二重奏。

最近ようやく風も涼しくなり、快適に過ごせるようになりました。

つい快適になってしまうと、なぜか睡魔に襲われる事が多くなります。

布団の上でゴロゴロとしているといつの間にか寝てしまっている事もあります。

しかし毎日昼寝をしてしまうと、生活リズムが変わってしまいます。

特に私は1時間でも昼寝をしてしまうと、中々寝付けなくなってしまいます。

その為リズムを崩したく無い時には昼寝は行いません。

私とは違い恋人は昼寝をしても同じ時間に眠る事が出来ます。

体内時計が安定しているらしく、寝ようと思えば眠る事が出来るそうです。

更に恋人はいつも私よりも2時間程早く起きている為、昼寝をする事がよくあります。

今日も恋人は愛犬と一緒に昼寝をしていました。

私はパソコンを使い色々と調べものをしていたのですが…。

ついつい愛犬と恋人の可愛い寝顔に魅入ってしまっていました。

しかし可愛いと思い和やかな気持ちになったのは、本当に一瞬の間だけでした(--;)

恋人と愛犬の寝息を聞いている内に次第に寝息からいびきに変わって行ったのです。

更に面白い事に、最初にいびきを掻きだしたのは愛犬でした。

最初はいびきの大きさからして、恋人だと勘違いしまいました。

こんなに小さな体で人間よりも大きないびきを掻くのですから…。

本当に驚いてしまいます。

犬もいびきくらい掻くだろうと思い我慢をしながらパソコンを続けていると…。

今度は恋人もいびきを掻きだし、まさかの二重奏が出来上がって行きました。

最初の内は可愛いと思っていましたが、ここまで来るとただの雑音です。

そしてそれだけで終わっていれば良いものの、なぜかそこからまた寝言も始まりました。

恋人の寝言は「むにゃむにゃ」と何かを言っている感じでした。

そして愛犬の寝言は「んごっ!んごっ!」と非常にうるさい物でした。

愛犬は何の夢を見ているのか、果たして寝言を喋っているのか…。

気になってすっかり集中する事が出来ませんでした。

ようやく一人と一匹が起きたのは、それから2時間後でした。

その間私はひたすらいびきを聞きながらパソコンをしていました(^^;)

昼寝をした恋人と愛犬はすっかり元気になり、いびきをずっと聞いていた私の方が眠くなってしまいました。

プリウスアルファエクストレイル

旅行先でも被害が…。

最近ニュースで話題になっているのは、中国や韓国との領土問題です。

色々と心配になってしまう事はありますが…。

正直私自身に直接被害が起こるニュースではありません。

韓国人の知り合いの方はいませんし、韓国に住んでいる訳でも無いからです。

韓国にお店を構えている日本人が被害に遭ったとニュースで報道されていましたが…。

反日デモが起こっている国内ではあり得ない事でも無いと思います。

こういった問題が起きた時は、関わらない事が一番だと思っています。

こんな時に韓国旅行などに行くと、被害に遭ってしまうのです。

私の友人達も韓国旅行が大好きなのですが、さすがにこの状況で旅行は止めておこうと考えているそうです。

それを聞いて少し安心していたのですが…。

私はもう一人忠告をしなければいけない大切な人物を思い出しました。

それは私の母です(^^)

私の母は普段からあまりニュースを見ていません。

そして更に海外旅行が大好きなので、一年に5回以上は旅行に行っています。

韓国や中国は特に値段が安いので、母は頻繁に行く事があります。

少し心配になり「まさかと思うけど旅行の予定とか無いよね?」とメールで送ると…。

「一ヵ月後に韓国と中国なら旅行に行くよ~♪」とあり得ないメールが返って来ました。

なぜよりによって今問題になっている両国なのかとツッコミたくなってしまいました。

急いで電話を掛け、領土問題のニュースについて説明すると…。

やはりニュースをあまり見ていなかった事が判明しました。

それでも領土問題が起こっていると言う事は、生徒さんから聞いていたそうです。

更に母の生徒さんが先日韓国旅行から帰って来たそうですが…。

何でもツアーのほとんどが中止になってしまったと言っていました。

その理由があまり母は判っていなかったそうです。

そしてそんな話を聞いても尚旅行に行こうと考えていたのだと思います。

相変わらず自分の母親の神経を疑ってしまいました(--;)

一人娘としてはこれ程心配な母親はいません。

なるべく旅行を中止にするように言うと、母も「考えておく」と言っていました。

母の「考えておく」は「頭の隅の隅の隅に置いておく」と同じ意味になります。

多分張り切って行ってしまうと思いますが…。

そうなるともうただ無事を祈るだけになります。

母が旅行に行く頃には、領土問題も落ち着いている事を願うばかりですね。